雑談

どうでもいい話をします 基本日本語、時々英語

Twitterでの私の過去の愚行について

恥ずかしいことを過去にやらかしてしまっていたようです。

 

突然ですが、わたしは東京エスムジカ*1が大好きです。10年ぐらいは好きです。あ、Sweet Vacation*2も好きですよw よく聴いています。

東京エスムジカを愛していると、あらゆる場所で語っていますww わたしの世界3大尊敬する人*3の一人、早川大地さんのユニットです。

何が好きかって、音も歌詞も全てが好き。

自分がちょっと人生に迷っていた(今も迷ってますが)時に近所のレンタル屋さんでCD*4を借りまして、それに入っていた、Standing On The Groundという曲を聞いて号泣したことが好きになったきっかけです。

部屋で一人で静かに泣いてた。

わたしは三人のおかげで日本語教師続けていられた、と言っても過言ではないと思います。外国で働こう!って高校生ぐらいの頃からの夢*5を維持して叶えることができたのも、エスムジカの音楽があったからこそと(大袈裟かもしれないけれども)言える。聞いてるとどんどん元気が出てくる。

わたし、別のSNS(多分Twitter)でもコレ言ったんだけど、国際協力師、日本語教師、英語教師、開発教育関係のファシリテーターは一度、彼らの音楽を聴いてみたらいいんじゃないかと思っています。

*****

で、タイトルは一体何事か、という話ですがwww

わたし、この間Twitterの自分の過去ログを眺めていたんですよ。(ちゃんと仕事探してますよ。大丈夫です。たぶん……)

過去を振り返りたい気分ってあるじゃないですか。たまには。

そしたら、なんですか。本当に自分で自分がアホなんじゃないかと思うリプを見つけまして。どういうやり取りでそういう話になったのかはよく分からない(ていうか覚えていない)んですが、大地さんがエクスペリエンスや飛躍の発想力は知識の量とは比例しないのかな、みたいなことを呟いていらっしゃって(もうよく覚えていないので、それも間違ってたらすみません…)、それに対して私が「いや、そういうのは知識というベースがあるからこそ価値を持つものなんじゃなかろうか。」みたいな返事を書いてたんですね(恥ずかしい…)

ちなみに、頭のいい方ならわかると思いますが、これ完全にわたしの考えの足りなさです。

知識量は問題じゃなくて(確かに引き出しは大事だとわたしは思うんだけど)、必要な知識の取捨選択をする力を活かせるかどうかっていう話なんです。

見つけた時に、「え?!わたし、そんなこと言った???」って思いましたorz

…消しませんよ。リプ返もらってるし。恥ずかしいけど。

他にもなんか、日本語の説明の仕方(Sweet VacationのMayちゃんが時々日本語の質問してくるんだって)について偉そうなこと言ってたり。(大地さんのファンやフォロワーさんには、わたしの他にも日本語教育の専門家が確かいらっしゃたっと記憶しています。経験そんなになかった当時の私が差し出がましい真似を……!!!)

大地さんね、頭の回転の早い方なのです。知識も豊富で常に色んなこと勉強していらっしゃる方なんです。尊敬しているし、憧れています。わたしにあの頭脳の半分でもあったらいいのにって本気で嫉妬しています。

 

ていうかね。何故か、大地さんと自分のTwitterアカが相互フォローになっているというミラクルww(本当に何故なんでしょう。嬉しいですが恐れ多すぎます。ありがたき。)

*****

というわけで(?)、こちら↓がその、東京エスムジカの『Standing On The Ground』です。なかなかいい動画だったのでシェア。

youtu.be

あと《関連動画》の欄に、ライブでのやつもあります。大地さん曰く、「いろんな人に聞いてほしいから、Youtube等にどんどんupしてください」とのことでした。ソースはいつぞやの本人のTwitterです。懐深いなぁ。

 

はてなブログの注釈のつけ方を覚えましたw便利やねww)

*****

*1:早川大地、平得美帆、瑛愛の三人ユニット…だけど、今、瑛愛はお休み中。サイトがなくなってる、なぜ??wiki東京エスムジカ - Wikipedia

*2:エスムジカの大地さんとタイのMayちゃんのユニット。Mayちゃん可愛い!! サイト→Sweet Vacation 活動休止中ですね。涙

*3:早川大地、内山京子先生(児童英語の世界では結構有名?)、志葉怜(シバさんに関しては賛否両論ある人だと思いますが、私は好きですよ。戦場ジャーナリストで、環境のことなんかも取材されています)

*4:彼らの1stアルバム、『World Scratch』

*5:この辺もいつか時間があったら話しましょうかね

今年度の目標(今更):無言実行、もちろん有言実行

昨日、わたしにとってとんでもなく嬉しいことがあって、本当に1日幸せでした。

こんなに恵まれてていいのか?!わたし!!!ご縁に感謝せねば、です。

 

かと言って、仕事が決まったわけではなく、先の展望が見えたわけでもないです。

その辺はまだまだで、昨日も職務経歴書とか履歴書とか書いてました。(途中で「めんどくせー(怒)」となって、愚痴をここにぶちまけましたがw)

 

ただ、大きな夢を見ることができましたw

現時点で、全く現実味のないフワフワした夢だけど、それを確実に地に足のついた現実の目標とするために、わたしはこれから頑張ろうと思ったよ。10年後には現実になってるといいなと本気で思う。

 

というわけで、今年度の目標!まずは大まかに二つ!!

TOEICで800点以上目指す(無謀だけど、必要なことだからやる)

・再就職(コレ、社会人として…)

 

本当に生きててよかった(´ ▽`)

Writing CV and resume in Japanese is really hard (It's just my complaint )

At first, please let me say you again. I am a Japanese

I was born in Japan and my parents are Japanese as far as I know. lol :D

And I grew up in Japanese language environment

 

Though I am better at Japanese than English, writing Japanese CV and resume is very, very, very hard for me. 

 I have NO idea how to write about my carrier in out of Japan. If you know about Japanese resume (rirekisho) well, probably you understand how i feel. I am in trouble now. 

The company's name in Malaysia is too long to write in resume's format. (Yeah, there are some formats for Japanese resume. If you have never seen Japanese one, please serch some images on the internet with words 履歴書, サンプル. )←you can do copy and paste these Japanese words to serch. :D

 

Also,most of Japanese companies are requesting us to submit handwriting resume. Why??

It's NOT rational, right?

I think handwriting is really waste of time if you can use a computer. 

 

Of course, recently, some kind of advanced companies like IT's one, we can submit our resume and CV by email. And also, one of the companies that I want to work for, is requesting us to submit documents by email. 

However, when we are writing resume, maybe we had better to use JIS format even if we'll write with PC. 

REALLY TIRESOME. 

Also, there are many rules when we write resume in Japanese. If you are intersted in about these one, you can serch by google. You might feel wired

I'm already tired...

見なければよかった……orz(ちょっと加筆修正いたしました)

たまには仕事の話でもしてみます。

ま、タイトルの通りです。昨夜、たまたま目にしてしまったのです。

何をって、、、この春から日本語の仕事を始めたばかりの方の教案をネット上で。

(ちなみにその先生との面識は一切ございません。)

ここからは、同業者(わたしはもう「同業」ではないのだけれども)でないとわかりにくい話かと思います。

別に他の先生の授業のことをネット上で叩くとか、そういう意図は一切ありません。

ただ、心配になっただけです(涙)

そして、もう一つ言うと、人の心配をする前に自分の心配をした方がいい立場であることは百も承知でございます。無職だからね。。。グハッ

 

この仕事を始めて間もない新人さんということで、とても勉強熱心な方という印象を受けました。わたしは大卒後すぐに日本語教師してますので(注1)、約2年4ヶ月のブランクを除いて、アメリカでの日本語イマージョンの仕事(注2)を入れて、かれこれ8年ぐらいは日本語業界携わってます。修士号ないけどな(涙)(注3)

なので、おそらく件の先生は、わたしにとって「年上の新人さん」となるのではないでしょうかね。←違ったらものすごく失礼

 

まあ、年齢のことはおいといて、問題は、結婚されている(らしい)方で、私みたいに独身でゆっくりやってる方なわけでもないと思うので、ざっとその方のブログに書いてあった普段の授業準備の内容など見てて、「このペースで続くのだろうか…」お節介ながら心配になったのです。お使いの教材から鑑みるに勤務先は留学生対象の進学予備校でしょうから、授業だけが仕事なわけではないと思うのですよ。常勤か非常勤かにもよりますが。

新人だから仕方がないとはいえ、「これ作る必要なくない?」とか「ホワイトボードに板書すればよくない??」みたいなものまで模造紙でポスター作って準備されてて、ああ、すごいな(良くも悪くも…)って思った。

あと、教案の一部も写真撮ってupされてました。

いるいる。「わたしたちの仕事って、こんな感じなんですよー」って教案や自作の教具などネットにupする先生。でもね、でも…

 

情熱はわかるのですが、

何故教案までブログに晒す(謎)

その時間があったら、授業準備にもうちょっと時間かけられるぞー、と思うのは私だけではないはず。

他の先生方と情報や教案やその他のアイデアをシェアしたいとかいう気持ちはわかりますが(ただ、教案をシェアするっていう発想には賛成しかねます。)

 

とはいえ、その方の発想は全体的にかなり面白くて、参考になるなと思うこと多々ありました。私が現役で教えていた時に、この情熱があったらよかったのにな…(苦笑)(注4)

願わくば、その先生には長くこの仕事に携わって頂けますように……(新人の離職率高いのよ。人のこと言えないけれども…)

 

******

注1:日本語教師は国家資格ではありません。幼少中高の教員免許状とも、勿論違います。ちなみに、日本語教育振興協会の定める(今もなの??今は文化庁なの???)一応の有資格者基準は、

・大学の日本語教員養成専攻課程、または副専攻課程を修了←わたしはコレに該当

・一般の教師養成講座420時間コースを履修、修了

日本語教育能力検定試験合格者

いずれかです。なので、新人=新卒というパターンがレアな職場なのです。究極言えば、短大卒でも専門卒でも高卒でも有資格者に(なるだけだったら)なれますし、60を過ぎたリタイア世代が「新人・新米」を名乗ることも珍しくない世界です。(ただし、高卒者が資格だけ持って日本語学校の講師に採用されるかどうかは正直、厳しいと思いますが。)ていうかわたしなんて、能力検定なんか受けてもいねえや(爆)←

 

注2:日本語イマージョンプログラムにちょこっとだけ関わりました。というか、学びました。まだまだ外国語教育の中でもマニアックなジャンルだとは思いますが歴史はあります。日本語の先生だと知らない人も多いのが残念。バイリンガル教育の一環で、日本語イマージョンの場合、日本語で現地の教科授業を行います。方法は様々ではありますが。年少者語学教育の中の一つのジャンルだと思ってください。

 

注3:大卒後、色んな事情があって1年ぐらい人生の夏休みを過ごしました。今考えたら、あの時はまだ社会に出る前だったので親の援助が期待でき、親も「学費なら心配するな」と言ってくれていたので、素直に進学しとくべきだったのです。だって、確かに文系専門職で修士出てないの、痛い(涙)今になってひしひし感じる。痛い。特に日本語教師の世界では修士以上ないと、安定してご飯は食べられません

ただし、わたしの興味の方向は日本語教育とか日本語そのものというよりも、年少者のための語学教育(特にカリキュラム開発)だったり、国際理解教育だったり、なので、本音は教育学修士が欲しいのです。学費貯金、がんばる(涙)

 

注4:確かに、日本語教師にはなりたくてなりました。仕事が楽しくて仕方がなかったこともありました。その「楽しい」は2〜3年目がピークでしたw 4年目はただひたすら辞めたかったし、マレーシアでの最後の1年は常にカウントダウン状態でした。

本当に思うところがたくさんありすぎまして、徐々にこの仕事への情熱なんか薄れてきました。やりがいがなさすぎて(涙)

でも、アメリカは楽しかったし、日本でも外国ルーツの子どもたちの支援とかしてて、それは全く苦にならなかったし、加えて小学校英語指導者資格取得の勉強が楽しすぎたので、年少者教育は向いているのかなぁ…と思います。(自分で「向いている」とか言うの胡散臭いけどねww)

 

 

 

 

地元のアレ(心配)

先日の話ですが、後から後から、本当に腹が立ってきました

私とあなたは違う人間なんだよ、ということははっきりと解っていて欲しかったし、「運命共同体」だなんて言わないで欲しかった(←さあ、皆さん、じゃんじゃん突っ込んでくださーいw)

私の運命は私のものであって、誰かとシェアするものではないです。シェアしてもいいと思うのは家族と愛する人だけでしょ。未だ独身だけどw

******

ちゅーことをダラダラ書いていたら、ただの悪口にしかならなかったのでやめました。

語るだけ時間の無駄なのです。

いやー、世の中には色んな人がいるなあ。。。(呆)

わたしは絶対にカウンセラーとかにはなれないな。専門家案件だよ、これは。素人が相手したら振り回されて疲れてしまうよ。(と、私は思うよ)

******

で、本題ww

九十九島パールシーリゾートっちゅー名前の施設が佐世保にあります。サイトはこちら

昨日行ってきました。別に水族館や動物園に行ったわけではないのだけれどもね。(動物園は久しぶりに行ってみたいなーと思いますが…リニューアルされてから一回も行ってないし)(ちなみに、高校時代は毎年、新入生の歓迎遠足で行っていましたw)

昨日は夕方出かけて行ったのだけれども、実は先月も行きまして。先月は昼間に行きました。平日だったということを加味しても、昼間っから、こんなに人の少ない観光地ってある?!?!??って……

そりゃ、必死にyoutubeに動画あげたり、CM作ったりするわけだよ。九十九島にちなんで、「99CM」なんて企画やってたんで暇な人は検索してみてください。佐世保市長とか出演されています。あれ、全国で放送されたの??(CMやってた当時、マレーシアに住んでいたので、事情をよく知らない←自分でググる気はないww)

 

でも、地元の海は綺麗だなと思うので(それは郷土の誇れる宝だと思っているので)、地元に帰るたび、そして海とか港とか行く度に写真は撮ってます。

 

f:id:yurilily1:20170416165441j:plain

後ろの方に遊覧船が見える(夕方に行っても乗れません)

夜間にライトアップされるよ!

 

f:id:yurilily1:20170416165701j:plain

f:id:yurilily1:20170416165803j:plain

個人の船もあると思うけど、確か観光客対象のアクティビティーでこういう↑船借りられたと思う。

 

で、先月、今月と行ってみて思ったんだ。

ここ、あれじゃね?サンフランシスコのFisherman's Wharfをお手本にしたらいいんじゃね??(って今年の1月に思いっきり季節を外したサンフランシスコ観光に出かけた時も思ったw)

水族館があって、お土産やさんがあって、ご飯を食べるところもあって…

ということを考えながら、自分のiPhone(という名の電話のできない物体www←色々事情があって携帯の電話番号を持っていない。が、すでに日本帰国後4ヶ月が経過…orz)を眺めていたんだけれども、わたし、現地でロクな写真撮ってなかったわw

f:id:yurilily1:20170416170032j:plain

f:id:yurilily1:20170416165548j:plain

f:id:yurilily1:20170416174431j:plain

アルカトラズ島が見えるぜ

約5年ぶりのアメリカ、楽しかったなー♪

(ちなみに、私がかつて滞在していた都市はサンフランシスコではなく、オレゴン州ポートランド市です。いい街だよ。)

もう、しばらくは(色んな意味で)行けないかもなー……

*****

で、昨日は一体何をしに出かけてたのか、と申しますと、晩御飯にピザ食べにイタリアンレストランPinocchioへ行っていました。

ピザの写真撮ってないので、食後のカプチーノでも……(猫!)

f:id:yurilily1:20170416165832j:plain

 

ピザもパスタもサラダもコーヒーも、美味しかったです。

初めてのバイト的な若い子が色々やらかしていたので、心の中でエールを送っといた。

(気持ちはわかるので)

頑張れww