読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談

どうでもいい話をします 基本日本語、時々英語

Twitterでの私の過去の愚行について

恥ずかしいことを過去にやらかしてしまっていたようです。

 

突然ですが、わたしは東京エスムジカ*1が大好きです。10年ぐらいは好きです。あ、Sweet Vacation*2も好きですよw よく聴いています。

東京エスムジカを愛していると、あらゆる場所で語っていますww わたしの世界3大尊敬する人*3の一人、早川大地さんのユニットです。

何が好きかって、音も歌詞も全てが好き。

自分がちょっと人生に迷っていた(今も迷ってますが)時に近所のレンタル屋さんでCD*4を借りまして、それに入っていた、Standing On The Groundという曲を聞いて号泣したことが好きになったきっかけです。

部屋で一人で静かに泣いてた。

わたしは三人のおかげで日本語教師続けていられた、と言っても過言ではないと思います。外国で働こう!って高校生ぐらいの頃からの夢*5を維持して叶えることができたのも、エスムジカの音楽があったからこそと(大袈裟かもしれないけれども)言える。聞いてるとどんどん元気が出てくる。

わたし、別のSNS(多分Twitter)でもコレ言ったんだけど、国際協力師、日本語教師、英語教師、開発教育関係のファシリテーターは一度、彼らの音楽を聴いてみたらいいんじゃないかと思っています。

*****

で、タイトルは一体何事か、という話ですがwww

わたし、この間Twitterの自分の過去ログを眺めていたんですよ。(ちゃんと仕事探してますよ。大丈夫です。たぶん……)

過去を振り返りたい気分ってあるじゃないですか。たまには。

そしたら、なんですか。本当に自分で自分がアホなんじゃないかと思うリプを見つけまして。どういうやり取りでそういう話になったのかはよく分からない(ていうか覚えていない)んですが、大地さんがエクスペリエンスや飛躍の発想力は知識の量とは比例しないのかな、みたいなことを呟いていらっしゃって(もうよく覚えていないので、それも間違ってたらすみません…)、それに対して私が「いや、そういうのは知識というベースがあるからこそ価値を持つものなんじゃなかろうか。」みたいな返事を書いてたんですね(恥ずかしい…)

ちなみに、頭のいい方ならわかると思いますが、これ完全にわたしの考えの足りなさです。

知識量は問題じゃなくて(確かに引き出しは大事だとわたしは思うんだけど)、必要な知識の取捨選択をする力を活かせるかどうかっていう話なんです。

見つけた時に、「え?!わたし、そんなこと言った???」って思いましたorz

…消しませんよ。リプ返もらってるし。恥ずかしいけど。

他にもなんか、日本語の説明の仕方(Sweet VacationのMayちゃんが時々日本語の質問してくるんだって)について偉そうなこと言ってたり。(大地さんのファンやフォロワーさんには、わたしの他にも日本語教育の専門家が確かいらっしゃたっと記憶しています。経験そんなになかった当時の私が差し出がましい真似を……!!!)

大地さんね、頭の回転の早い方なのです。知識も豊富で常に色んなこと勉強していらっしゃる方なんです。尊敬しているし、憧れています。わたしにあの頭脳の半分でもあったらいいのにって本気で嫉妬しています。

 

ていうかね。何故か、大地さんと自分のTwitterアカが相互フォローになっているというミラクルww(本当に何故なんでしょう。嬉しいですが恐れ多すぎます。ありがたき。)

*****

というわけで(?)、こちら↓がその、東京エスムジカの『Standing On The Ground』です。なかなかいい動画だったのでシェア。

youtu.be

あと《関連動画》の欄に、ライブでのやつもあります。大地さん曰く、「いろんな人に聞いてほしいから、Youtube等にどんどんupしてください」とのことでした。ソースはいつぞやの本人のTwitterです。懐深いなぁ。

 

はてなブログの注釈のつけ方を覚えましたw便利やねww)

*****

*1:早川大地、平得美帆、瑛愛の三人ユニット…だけど、今、瑛愛はお休み中。サイトがなくなってる、なぜ??wiki東京エスムジカ - Wikipedia

*2:エスムジカの大地さんとタイのMayちゃんのユニット。Mayちゃん可愛い!! サイト→Sweet Vacation 活動休止中ですね。涙

*3:早川大地、内山京子先生(児童英語の世界では結構有名?)、志葉怜(シバさんに関しては賛否両論ある人だと思いますが、私は好きですよ。戦場ジャーナリストで、環境のことなんかも取材されています)

*4:彼らの1stアルバム、『World Scratch』

*5:この辺もいつか時間があったら話しましょうかね